文化の発信、地域のにぎわいづくり、共生社会の手作りイベント応援します。人と地域を結ぶLLP YUI企画
イベント情報 インフォメーション これまでの活動 YUI企画とは まちネタコラム メンバー紹介 リンク集 お問い合わせ



縁のかけはし〜高級塗り箸をご提供します







出版ネッツ関西 いちもくセミナー開講中

震災ボランティアを志す皆さまへ。[マンガ・愛ちゃんのボランティア神戸日記]
LINKS
ARCHIVES
【チン電沿いの隠れ家的スポット/聖天坂・ハニーサックル】
YUI企画サポーターで共同開催している
「春一番!大阪漫歩」の聖天坂・バーボン&JAZZ体験ツアーに参加しました。

企画&ガイドは合同会社中村屋の中村ご夫妻です。

西成の魅力にこだわり続ける中村さんは、大阪漫歩の他のコースでも
紙芝居体験大衆演劇観劇など、独特のアプローチで西成の多彩な魅力を伝えています。

今回は”西成=下町”の意表をついてバーボン&ジャズ体験でした。

恵美須町発の阪堺電車に乗って約8分。
西成の住宅街の中にある聖天坂駅の正面にバー、ハニーサックルはありました。

中に入るとご覧の通り。


壮観ですね。

もちろんあらゆる洋酒を飲ませる店ですが、
マスターのこだわりはやはりバーボン。

ツアーではマスターによるバーボン講座と
各銘柄の飲み比べがありました。

私も初めて見る銘柄もあってあれこれ試し、
昼間っから赤い顔になってしまいました。

中でもこのオールドグランダッドはアルコール度数が67度もあって
なかなか飲みごたえがありました。

 

マスターの話によるとこの銘柄ばかりを指定する常連もいるとか。

他、色々バーボンにまつわる興味深いお話をお聞きしたのですが
酔っ払っていて覚えておりません^^;

結果的に参加者全員、バーボンに酔いしれて
ジャズ講座はお預けとなってしまいましたが、
私は自宅からさほど遠くない場所にこのようなお店を発見し収穫でした。

参加者で飲食中、ホスト役に徹した中村ご夫妻お疲れ様でした。


春一番!大阪漫歩 〜5月26日 開催中

ハニーサックル  阪市西成区天神ノ森1-11-8  TEL 06-6651-5910




JUGEMテーマ:地域/ローカル
| おすすめスポット | 11:27 | comments(1) | trackbacks(0) |
【住吉に新しい名所出現〜東粉浜・土佐陣屋跡碑】
今年話題になった大河ドラマ「龍馬伝」も終了しましたが、
坂本龍馬ゆかりの高知・長崎・京都は龍馬ブームに沸いたそうです

実は大阪も龍馬ゆかりの旧跡が少なからずあるのですが
地元でもその存在を知られていないこともあって、もう一つ盛り上がりにかけました。

尤も、春・秋の大阪あそ歩では幕末シリーズと銘打って
龍馬や新撰組ゆかりの場所を訪ねるまち歩きを実施し、いずれも好評でした。

このツアーのガイドをされたのが大阪龍馬会のみなさまです。
文字通り、坂本龍馬のファンクラブで(新撰組ファンもいます)、
活動としてツアー実施の他、史料研究や史実の実証や発表などを行っています。

昨年からは会の有志の手により、
幕末ゆかりの場所に記念碑を建立されています。

12月23日、住吉区の東粉浜「土佐藩住吉陣屋跡」の碑が建てられました。

土佐藩住吉陣屋跡の碑 土佐藩住吉陣屋跡の碑

続きを読む >>
| おすすめスポット | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
【お金はどうやって作るの?〜造幣局】
なにわなんでも大阪検定の1級合格者を対象にした
造幣局の見学会に参加しました。

桜の通り抜け以外造幣局に入るのは初めてです。

造幣局は造幣博物館の他、工場内部に見学者用通路が設けられ、
予約を入れれば職員が内部を案内してくれます。

今回はそれらの通常コースの他、特別に紫綬褒章などの
勲章を作っている部署とその工程を見せていただきました。

まずは敷地内案内から。

 造幣局旧正門

続きを読む >>
| おすすめスポット | 07:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
【自由都市の残滓を訪ねて〜堺・環濠クルーズ】
以前から気になっていた堺環濠クルーズを体験しました。
南海堺駅前の土居川から乗船。約50分間の船旅でした船

自治都市・堺といえば、町の防衛のため、
周囲を堀でめぐらせたことで有名ですが、
現在でもその一部が土居川・内川として残っています。

現代の環濠がどのような姿であるのか…

堺環濠クルーズ

続きを読む >>
| おすすめスポット | 09:29 | - | - |
大阪あそ歩/下見レポート(江之島コース)
は〜い!はるちゃんです〜

またまたまたご無沙汰しています〜

「大阪あそ歩'10春」が4月10日からスタートしましたが、私もサポーターとして参加させてもらっています。微力すぎてお役に立てることはほんの少しですが、私自信参加者の皆さんと一緒に楽しみながら参加しています。

さて、先日下見に行ったコースでぜひグッドともご紹介したいコースがあります。
5月16日(日)の「近代大阪の未来は西にあり!」(江之子島コース)です。

本町駅(四ツ橋線)からスタートして、靫公園内の散策(なんとこの公園が出来る前は占領軍の飛行場飛行機だったのです!)、京町堀辺りのおしゃれなお店を拝見。それから西に進んで雑魚場魚市場跡等の史跡をめぐりながらタイトルにもある近代大阪の始まりとも言えるスポット、江之子島の大阪市役所跡、大阪府庁跡をまわります。
その後はプレゼント拍手として川口基督教会に立ち寄り、かつては外国人が住んでいた川口居留地をイメージしてその当時を偲んで町あるきを最後とします。約2時間コース。

特に嬉しい事に、靫公園では15日から16日にかけて「バラ祭り」が催されます。下見の時も綺麗に整備された公園には様々な色・種類のバラが見事に咲きかけていました。
特に香りラブラブも素晴らしく、当日は最盛期をむかえるでしょう。

緑の少ない大阪というイメージがありますが、どうしてどうして!「靫公園」も見直してみると広大で美しい!

そして、史跡を見ながらその当時の元気な大阪やエキゾチックな大阪を想像して町あるきを楽しんでみませんか? どうぞご参加あれ!!
| おすすめスポット | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
【用水路跡の緑陰道路に面したレトロ建造物〜緑橋・町屋再生複合施設 燈】
中央線緑橋駅の所在地は大阪市東成区です。
しかし北へ100辰盥圓とすぐに城東区に入ります。

両区の区界となる道路が東西に通っていますが
かつてこの場所には千間川という川が流れていました。
緑橋も千間川にかかる橋の名前です

千間川は東大阪市高井田と平野川を結ぶ人口の用水路で、
往時は農産物を運ぶ舟が行き交っていたそうです。
全長が千間(約1800メートル)あったことからこの名が付けられましたが、1970年代までにはすべて埋められました。

そのかつての千間川に面して町屋再生施設 燈(あかり)が立っています。

町屋再生施設燈

続きを読む >>
| おすすめスポット | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
【下町のど真ん中にある石の庭園〜緑橋・カルペディエム】
大阪あそ歩2010春の担当新規コース紹介、今回は緑橋です。

緑橋というと、地下鉄の駅名にそんなのあったなという程度の
イメージしかない方が大半ではないでしょうか。

実は私はこのまちに1年半住んでいましたが
今回、緑橋のコースの担当を引き受けたときに困ったのがこの点です。

どこを回ろうか…しょんぼり
もちろん、どのまちにも人が住んでいる限り
そこには暮らしがあり、それぞれに興味深いエピソードがあるのは
当然で、緑橋エリア(町名では城東区中浜、東中浜、東成区中本、東中本あたりとなる)の特色としては、下町の風景でしょう。

続きを読む >>
| おすすめスポット | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
【帝塚山界隈に出現した長屋カフェ〜万代・かえるカフェ〜】
お屋敷街のイメージが強い帝塚山ですが、
大正〜昭和初期に建てられた長屋も結構残っています。

その多くは二階建てで門構えや前栽が備わった、風格のあるものです。

総じて、大阪の長屋は立派なものが多い。

江戸の落語に出てくるような熊さん八っあんの住む長屋に比べると
ある程度の所得がある都市生活者向けに建てられたようです。
前栽には鉢植えが並べられ、清潔感が漂っています。

帝塚山・万代池の東側も整然と区画された開発地域でしたが、
こちらは豪邸より、このような長屋が多いのが特徴です。

先日、このうちの一軒の長屋がカフェとしてオープンしました。
名づけて「かえるカフェ」。ホットコーヒー

かえるカフェ

かえるカフェ

築70年だそうで、以前は質屋を営んでいました。

靴を脱いで上がると、内部は民家そのままの和室にイス・テーブルが置かれています。
質屋の応接室だったと思われる部屋はカウンター席。
厨房は台所。
裏庭に通じる廊下の先には蔵が見えます。

かえるカフェ

摺り硝子や柱や欄間も年代を感じさせますが
意外にシッカリしています。漆喰も施されています。

かえるカフェ

聞けば、長屋を購入したときは全て上からベニヤ板が被せてあったということです。
古さを覆い隠す板が、逆に保護する役割を果たしていたといえます。

二階もご覧の通りです。

かえるカフェ

店内案内はザッと以上ですが、
メニューはオーガニックを打ち出した
ドリンク&フードです。
私は豆乳ベースのソイラテをいただきました。

オープンしたばかりで、しかも住宅地の真ん中にあるため
入店する人影はほとんどありませんでしたが、
その分ゆっくりくつろげる空間です。

ソファに寝そべって読書なんかに最適かも。

店を盛り上げるためのイベントも追々開催していくそうです。
土地勘のない方には分かりにくいかもしれませんが
是非一度お立ち寄りください。

懐かしいながらも贅沢な長屋空間を味わえますよ。

かえるcafe

■ 大阪市住吉区万代4丁目12−8 ■ 06-6673-3737
■ 9:00〜18:00 / 月曜定休
■ kaeru_manndai@yahoo.co.jp


| おすすめスポット | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
【今が見頃!/すみよっさんの卯の花・杜若】
5月10日、住吉大社卯之葉神事という行事が行われました。

この日はいわば、住吉大社の創立記念日。神事はそれを祝うものです。

続きを読む >>
| おすすめスポット | 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
【南朝秘話が残るまち/住吉行宮】
「大阪あそ歩 09春」で新たに加わった
住吉のコースのタイトルは、「知られざる幻の首都・住吉行宮」です。
拍手
幻の首都?住吉行宮??びっくり

意外かつ聞きなれない用語で
イメージが沸かない方もおられるかもしれません。

歴史好きな方向けのコースといえましょう。

南北朝の時代、一般に吉野を拠点としたといわれる南朝ですが
実は4度の京都奪還を含め、各地を転々としていたのです。
これは、南朝の本質が亡命政権であったことを考えれば理解できるかと思います。

住吉行宮もその一つで、
後醍醐天皇の次代の後村上天皇はここで亡くなり、
その次の長慶天皇はここで即位したということです。

これには、住吉大社の神職であった津守氏が南朝方だったという背景があります。

そう考えると、南北朝の早い段階から分が悪かった南朝が
九州で一大勢力を築いたのも、今は失われた住吉津を媒介にしたからと
いえなくもありません。

情報発信基地としても住吉は重要な拠点だったのではないかと思います。

そんなわけで、住吉界隈には南朝にまつわる史跡や伝承が数多く残されています。

後醍醐天皇車返しの桜もその一つで、
そのあまりの見事さに、天皇が車を引き返させたという故事に因んだしだれ桜です。

先日前を通ると、ひっそりとつつましやかに花が咲いていました。桜

後醍醐天皇車返しの桜

他に、天皇の子息でありながら、母親が南朝方の武将の縁者であったため
皇位につけなかったとも言われる一休宗純が晩年住まいした跡などもあり、
意外な有名人の登場に驚かれるのではないかと思います。

また、昨秋実施した「祈りのまち・住吉」のコースと同様
多くの祠が点在し、信仰と共に生きるこのまちの
雰囲気を感じていただけるのではないでしょうか。ジョギングプシュー


大阪あそ歩

知られざる幻の首都・住吉行宮〜もうひとつの王朝・南朝の足跡を探して〜

yamada cafe
粟玄
池田屋本舗
| おすすめスポット | 11:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/5PAGES | >>