文化の発信、地域のにぎわいづくり、共生社会の手作りイベント応援します。人と地域を結ぶLLP YUI企画
イベント情報 インフォメーション これまでの活動 YUI企画とは まちネタコラム メンバー紹介 リンク集 お問い合わせ



縁のかけはし〜高級塗り箸をご提供します







出版ネッツ関西 いちもくセミナー開講中

震災ボランティアを志す皆さまへ。[マンガ・愛ちゃんのボランティア神戸日記]
LINKS
ARCHIVES
「釜山まち歩き」に参加しました!
 

は〜い!はるちゃんです〜

 

「釜山まち歩き」に参加しました!

 

「大阪あそ歩」の海外との交流推進のまち歩き企画で、韓国の釜山へ行ってきました。

2泊3日の短い旅行でしたが、日本に一番近い外国、釜山の魅力に少し触れてきました。

メンバーは、参加者10名、スタッフ5名。

 

1日目

5月30日(月) 11:50 関空発 OZ143便 

 

飛行機に乗り込むまでは、たった1時間の所要時間でもお決まりどおりの手続きをして、やっと座席に落ち着いてサンドイッチやジュースの軽食を頂くと、もう到着のアナウンス。

はやっ! 正にあっという間に金海(キメ)空港に到着。

 

お宿の釜山ロッテホテルへバスで向かう。

バスの中から釜山の町並みを見学しながら、釜山の歴史や旅行中のスケジュールの説明を受ける。窓の外は当たり前なのにハングル文字の看板だらけに圧倒される。

 

ホテルで一息ついたらいよいよバスに乗ってまち歩き開始だ。

 

まずは、梵魚寺(ポモサ)から子城台(チャソンデ)公園、永嘉台(ヨンガデ)跡へ。

釜山駅より北方向にある金井山東側山麓にある梵魚寺。新羅の第30代文武王18年(678年)に義湘大師が創建したといわれている。

 

梵魚寺(ポモサ)



              

   見ざる 聞かざる 言わざる・・・ですね! 

 

夕刻、チャガルチ市場の見学。

ここは東南アジア最大の魚市場。店の数、魚の数、それと魚臭さに頭がクラクラするくらいだ。

水揚げされたばかりの魚介類は水槽で泳がされているが、店先に並ぶ魚の行列は圧巻。どの店も特に目立つのは太刀魚だ。かごの上にズラーッと並べられていて、キラキラと目にまぶしい。

また海藻類や塩漬け食品等も沢山並んでいる。        

 どこまでも続くチャガルチ市場


 
 太刀魚やヱイも並ぶ




 

沢山のお店と呼び込みの中から選びぬいた1件のお店に入る。

ここで本日の夕食、メインはお刺身だ。

テーブルの上には白菜や大根等の様々なキムチ、にんにくの酢漬けや
佃煮のような物がいっぱい並ぶ。これは全部食べ放題だ。日本と違ってとっても気前が良い!すばらしい!

白身のお刺身は葉っぱの上に載せて、辛いみそをつけていただく。葉っぱの香りとみその味で魚の旨みはあまり判らない。


 クネクネと新鮮な蛸足   


次に、クネクネとお皿の上を動き回る蛸の足のぶつ切り。これも赤い甘みのあるみそをつけていただく。どれもこれも、カンコク!の味だ。


 ホヤも不思議な味です        最後は鍋
 

人気のお酒はマッコリ、C1(焼酎)。次々と運ばれてくるお料理とお酒に酔いしれた第1日目は

何人かの酔っ払いを作り上げたのでした。

 

つづく・・・

 

| Myネタ | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
住吉名物情報 〜はまぐり弁当〜
は〜い!はるちゃんです〜
 新年のご挨拶、遅まきながら・・・
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
さて皆様、今年の初詣はどこへ行かれましたでしょうか?
私はもちろん「すみよっさん」です。我が家の氏神様である「生根神社」に
お参りした後、「すみよっさん」へ。

今年のおみくじは「中吉」でした。おみくじに書かれていた幸運のカギの
「赤いお守り」を早速買い求めてとても満足な気持ちに浸りました。
 
帰りに今まで見たこともない珍しい住吉名物を見つけました。
その昔、住吉大社の前が「出見(いでみ)の浜」という浜辺だった頃、
潮干狩りの名所として有名でした。遠方からも沢山の人が訪れ蛤を獲ったそうです。

見つけたのは、それで納得の「はまぐり弁当」です。
住吉大社吉祥殿ではその蛤をこのお弁当として復活させました。
 
蛤の上品な風味を損なわないようにご飯は薄味で炊き上げられています。
おかずはごぼうやにんじんきのこの炊き合わせ、卵焼き、田作りに鶏肉等
お正月らしい取り合わせです。

包み紙の昔を偲ぶ風景絵を眺めながら、その頃の人たちの「住吉詣」に
思いを馳せ誠に美味しく頂きました。

        
      

| Myネタ | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
住吉界隈情報 〜「大阪あそ歩’09春」続き〜
〔レトロモダンのまち・帝塚山を往く〜古墳と洋館めぐりとスイーツと〕
の続きどぇーす。

さてさて、遠藤家住宅の見学で30分程時間調整が必要になったわけで、決められた2時間を達成するため、ガイドはプロ?!の意地を見せなければなりません。
ここからは大急ぎで、蔵を改造してフラメンコ教室をされている「市川家住宅」の前をさらっと説明しながら通り過ぎ、「ギャラリー蔵」に向いました。

「ギャラリー蔵」は、ここも蔵を改造してイベントギャラリーとマンションを運営されており、2002年には「大阪都市景観建築賞」を受賞しています。

蔵のギャラリースペースの裏中庭を抜けると、若手写真家のスタジオスペース、それにその隣には休憩ルームがあってお茶も頂くことができます。
ここでは、休憩も兼ねて展示品や写真展の鑑賞をしました。

残すは解散場所の「万代池公園」へ。
本日は、帝塚山音楽祭の真っ最中。「ギャラリー蔵」から「万代池公園」徒歩10分程度の道のりですが、阪堺線通りには音楽祭を盛り上げようと、日頃は静かなお店もライブをやっていたりセールをしていたりで、なかなかにぎやかです。

ようやく着いた「万代池公園」はなんと人だらけ。ライブ演奏で盛り上がっています。
公園の中まではとても入れないので、入り口近くで解散!
10分くらいのオーバータイム。
なんとかプロガイドの意地をみせました。やれやれ・・・拍手

| Myネタ | 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
住吉界隈情報 〜立浪部屋〜
はーい!はるちゃんで〜す!

 今月も朝早く叩き起こされて、12日、初辰参りに行ってきました。

お参りを終えて、住吉大社の方から帰ると派手なのぼりかかっていました。
「立浪部屋さん江」と書かれています。

なるほど、住吉大社に土俵がありましたっけ。
大阪場所のためにここで練習しているのですね。

 まだ練習は始まっていませんでした

早速土俵へ行ってみたのですが、朝早すぎて練習風景は見れませんでした。
うーむ、残念。まだ近くでお相撲さんを見たことがないので、
またぜひ来ようっと。

自由に見学できるそうですから、興味のある方は見学に行かれてはいかがですか〜

 帰り道、ミモザが咲き乱れていました
 
| Myネタ | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
坂本龍馬の墓参り&「日本仏教の母山」比叡山延暦寺
4日5日は家族小旅行にて滋賀&京都を廻ってきました。(結婚29年目&娘の高校卒業を記念して) 写真は比叡山頂から琵琶湖(大津方面)を見渡してみた。神聖な気分でここに立って、歴史の恒久感と自然の雄大さ、な〜んとなく日本列島の大きさも実感でき、爽快だった!



「延暦寺」は比叡山の山上から東麓にかけた境内に点在する東塔、西塔、横川など、三塔十六谷の堂塔の総称で、最澄の開創以来、高野山金剛峯寺とならんで平安仏教の中心であった。



延暦寺に来てはじめて知ったことは・・延暦寺は数々の名僧を輩出し、日本天台宗の基礎を築いたことはもちろん、浄土宗の開祖法然、浄土真宗の開祖親鸞、臨済宗の開祖栄西、曹洞宗の開祖道元、日蓮宗の開祖日蓮など、日本仏教史上著名な僧の多くが若い日に比叡山で修行していることから、「日本仏教の母山」とも称されているのだそうだ。



ちなみに最澄と空海はともに同じ時期に唐で仏教を学んだ。(空海は最初から密教を目的として唐に入ったが)最澄は国の特使としての入唐で、空海より7つ年上だった。空海よりはるかに格上ではあった最澄ではあったが、密教に関しては空海に弟子入りしてたそうな。後日2人は決裂した事が日本の仏教界の大きな痛手となった。

このように当時から比叡山延暦寺が(単なる天台宗という1宗派の本山であるばかりではなく)日本の仏教総本山&人材輩出の総合大学であったことに鑑み、信長が己の野心のために延暦寺を焼き払ったことはあらためて歴史的蛮行であったとを強く実感した次第だ。






坂本龍馬はいまだになぜ?こんなにも人気があるのだろうか。墓石の周りには、若者たちの多くのコメントが所狭しと並べられている。 龍馬は西郷、大久保、桂たちと違って、大藩の重鎮でもなければ強大な軍隊も持っていなかった。脱藩した一介の浪人だ。しかし、この男が徳川300年を終わらせた!

幕府の古い体制を打ち倒すには、諸藩の中で最強の軍隊を持つ薩摩藩と、吉田松陰、高杉晋作ら優れた人材を輩出し、反幕府の先陣を切る長州藩との連合が不可欠と龍馬は考え、両藩を和解させ連合させた。

若者たちの龍馬へのあこがれは、大人の世界に対する静かなる反発がマグマとして鬱積しているのかもしれない。(司馬遼太郎の小説の影響も大きい)

龍馬は、紛れもない当時のソーシャル・イノベーターであった。

娘たちがまだ清水寺に行ったことがなかったので足を伸ばした。春を感じる京都の散策であった。





| Myネタ | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
お初の「初釜」へ
20日には大寒の入りを迎え、大阪にも雪雪が降りました。
先週は本当に寒かったですね〜ムニョムニョ

そんな中、先日「初釜」に初参加しました。
お茶は昔々!少しかじったことがあり、時々お茶会に参加しているぐらいなのですが、初釜となるとすっかりお作法も忘れています。
そこで慌てて習っていた頃の教本を引っ張り出し、一夜漬け勉強となりました。
その頃には読み進んでいないページにも目を通していると、お茶の世界の奥深さに改めて気がつかされ、こんな一夜漬け勉強で恥をかかないようにと思った自分が情けなく・・・すっかり諦めて本番に臨んだのでした。

さて当日、私の心配はどこへやら、集まったメンバーは気心の知れた方たちばかり。想像していたより気さくな茶事でしたので、すっかりリラックスして無事終えることが出来ました。

お茶の作法は何かと事細かく、頭と体で覚えていくものだと思います。
私はその一つひとつの作法を考えるとき、「一体それが何になるの?」なんて意地悪く思ってしまいますが、お作法にはちゃんと意味があるのですね。
お初の「初釜」は「お抹茶の味わい」も誠に美味しく、それよりもお作法が作り出すゆったりとした時間と空間が私の心を豊にしてくれました。
次回はぜひ、きもので参加したいなと思っています。




| Myネタ | 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
2009年初詣に思う。
2009年が明けました。
皆さまへ、新春のお喜びを申し上げます。

我が家の初詣は、四天王寺の近くにある中国のお寺にいってきました。

我々海外に住む華僑は、小さい頃から関帝廟(通称:南京寺)に元旦から親に連れられていくのが恒例になっていました。あらためて・・「ここって何の神さんがいるの?」






関帝廟の本殿は中央に関羽を祭り、右側に実子の関平、左側に三国志演義にも登場する配下の武将周倉の二神をそれぞれ祭っている。

(ネットで調べてみると)関羽は、信義や義侠心に厚い武将として名高く、民衆によって様々な伝承や信仰が産まれ、また後の王朝によって神格化されていった。その関羽を祭ったほこらが関帝廟の始まりである。

また、関羽は塩の密売に関わっていたとも言われ、蓄財にもたけていたと言う伝承や義に厚いと言うことは、商売に一番必要な信用(約束を守る)をつかさどると言う意味でも取られた事から商売の神としても知られている。そのため世界中に華僑が散らばっていったときに、商売が繁盛する様にとその居住区に関帝廟を立てたという訳だ。

一方「関羽は後世「関帝聖君」として道教の神に神格化されるに至る」・・という記述に私は最近注目している。

道教の祖である老子の思想は、恣意的な行動や欲望、さらに知識をもしりぞけ、自然(「道」)にしたがって国を治めるという無為の政治学を説いた。これは道徳や儀礼、あるいは制度や罰則といったものによって国を治めようとした儒家や法家へのアンチテーゼであった。

仏教や儒教は特に東アジアで支配階級の統治ツールとして利用されてきた。(御用知識人を登用)

道教は「人は自然や生態系の一部!」「人は自然=宇宙の法則にのっとるべし!」つまり循環型の環境思想そのものだと思うし、「こうあるべきだ」との押し付けがましい経典などなく「自分で道を究めるべし!」と宇宙観の多様性を認めているところはかなり気に入ってる♪

ここ2・3年、関帝廟への初詣は行かなかったが(もう・・「商売の神様」を拝む気になれなかった)関羽が道教の神だと知ったからには環境活動をしてる私としては「お参り復活」となったわけだ。(単純♪〜)

私的結論は・・中国は「儒教の国」と皆さん思われているが、それは”王朝の歴史”を通じての歴史的イメージであって、大多数の一般民衆は道教精神(=自然思考)がDNAに染み渡っていると思う。ただ一面「お金(利)に目ざとい」のも中国人の特性として事実ではあるが・・(^^);





帰りに四天王寺さんへ立ち寄り、娘たちはりんご飴や鯛焼きを頬張りながら、おみくじの話題に興じてる。我が家は本年も平和そのものが続きそうだ〜♪

| Myネタ | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
新年ご挨拶
かどまつ新年明けましておめでとうございます!かどまつ

はーい!はるちゃんでーーす!ご無沙汰しております。
皆様、昨年は色々とお世話になり有難うございました。
本年もどうぞ、どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、丑年の今年はどのような年にされたいですか?
私は文字通り、牛のように一歩づつ着実に毎日を大切に過ごして
いきたいな、と思っています。
何しろ私は「あわてもん」でございます。なんと昨年は階段から滑って
転んで救急車で運ばれたりしたものですから、反省してゆっくりでも
いいから安全にと願っています。

年明けは「すみよっさん」でshigeが、福餅を3つもゲットしてくれて
万々歳!
いつになく良い仕事をしてくれました。
この調子で今年は沢山の福を呼び寄せたいですね。

では、皆様にとっても今年がよい年でありますようお祈りしております。
| Myネタ | 13:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
住吉界隈情報 〜すみ博供
「すみ博供廚猟あるきに参加しましたジョギング

今年で2回目となる「すみよし博覧会」のガイドツアー、「帝塚山・郊外文化の源流を探る」に先日初めて参加しました。住み慣れた町ですから「何が面白いのかしらん?」と心の片隅にそんな言葉を置きながらの参加となりました。

朝9時半、南海高野線・帝塚山駅に集合です。道すがら「参加者、他にいるのかな〜」なんて言いながら行って見ると、なんともう沢山の人達が集まっています。25名くらいでしょうか。「うーーむ。物好きな人達もいるものだ」(もちろん私もその一人ですが!?

駅前で、ガイドさんのご挨拶や資料をもらって出発です。
帝塚山といえば、大阪の高級住宅街の代名詞!
もちろん、始まりは物凄く立派なお屋敷エリアの見学です。歴史のある古いお屋敷から近代的なガラス張りのお屋敷、また登録文化財に指定されている洋館風のお屋敷もあります。「おお〜きな家!いいわあ〜ラブラブ」と感心しながら、先程の冷めた感情はどこへやら・・・
周りの参加者たちもしきりに感心しています。観察していると地元の参加者が大半みたいで、どなたも近くに住んでいても初めて歩くところが意外とあるようです。

高谷家住宅

さて、そのお屋敷エリアに本日の目玉である「マサコーヌ帝塚山」はありました。以前から私もその存在を知ってはいたのですが、中に入ったこともありませんでした。こちらでは、代表の方と大阪人間科学大学教授からの町の歴史と魅力についての講和があります。
静かな落ち着いた雰囲気にマッチした瀟洒な建物、エントランスは大きな広間が広がり、クリスマスツリーの飾り付けリースで心が和みます。
ここは、かつてセレブタレントとして活躍され、帝人株式会社の社長夫人であった故大屋政子さんが昭和38年に人間ドックとして開院した流れをくむ、医療・看護・介護つき高齢者住宅です。あちこちに置かれた調度品は、故大屋政子さんが集められた豪華絢爛なものです。至れり尽くせりの快適な施設内、うっとりするばかりです。

マサコーヌ帝塚山

マサコーヌ帝塚山

その後は熊野街道を通り、私のいつものお散歩コースである「万代池公園」から「蔵ギャラリー」へ。ここは蔵を改造して様々なイベントや展示会を催しています。

そんなこんなで、三時間あまりの町あるきは無事おわったのです。
私はここに移り住んで5年が経ちます。当初町を歩いて一番に感じたことは・・・私の家がある辺りは全くの下町なんですね。でも、回れ右してその向こうを見てみるとそこは静かな高級住宅街、といったアンバランス感。
下町と高級な雰囲気が同居しているような空間、それが面白みでありこの町の魅力拍手でもあるような気がします。


フォルマのチーズケーキ

福壽堂秀信
| Myネタ | 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
フリマーに参加しました!〜総合フェスタ2008〜
フリマーに参加しました!

 毎年、11月23日に開催される「総合フェスタ2008」(大阪市立総合生涯学習センター主催)に、YUI企画はフリーマーケットとして参加しました。
参加したのはサポーターの皆さんも含めて3人。それぞれ、家の不用品や捨てるに捨てられないお宝!を持参して初めてのフリマーに挑みました。

お店のスペースは長テーブル2つとハンガーラック1つです。
開始まで、値付けや品物のレイアウトに試行錯誤。
何とか10時のスタートに間に合いました。
開始と同時にお客様がちらほら。私達の場所はエレベーターから降りて直ぐのところで、素通りする人が多いのです。物珍しそうに見てはくれるのですが、買おうとする心優しい人はなかなかいません。やはりこれは一言声をかけなければ、と一言二言かけてみました。すると、反対に色々と質問していただいたり、手にとって見てくださったりなかなか良い雰囲気です。
その内、やっと商談成立。「嬉しい!」の一言です。ちょっと大袈裟ですが、「自分で持ってきた品物が売れるなんて信じられない!お客様は神様ですぅラブ」そんな気持ちでいっぱいです。
サポーターのMさんは、商売上手。「どれでも10円!箱」を作って、子供たちのお客様にサービスして繁盛しています拍手
これまたサポーターのY氏は、じっと静かに我慢の子でお客様を待ちます。そして「売れる時は売る!チャンスを逃すな!」を呪文ピピピのように唱えながら売り上げを伸ばしています。
4時の終了間近には他のブースも叩き売り状態。私達も半ばやけくそ状態の値下げで、半分以上の品物を売り切り、初めてのフリマー体験は終わったのでありました。
想像してたより沢山の品物が売れて、フリマーの病み付きになりそうラブラブ
でも終わったら足はパンパン、ぐったり、ほんとに疲れますよ〜



トクトク市場

ラッキー&ハッピーをGmarketで♪激安!総合オンラインショッピングサイト

オリジナル年賀状が1枚39円
| Myネタ | 18:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/8PAGES | >>