文化の発信、地域のにぎわいづくり、共生社会の手作りイベント応援します。人と地域を結ぶLLP YUI企画
イベント情報 インフォメーション これまでの活動 YUI企画とは まちネタコラム メンバー紹介 リンク集 お問い合わせ



縁のかけはし〜高級塗り箸をご提供します







出版ネッツ関西 いちもくセミナー開講中

震災ボランティアを志す皆さまへ。[マンガ・愛ちゃんのボランティア神戸日記]
LINKS
ARCHIVES
<< 【緑橋駅前のお食事処〜蘭、大ちゃん、ぺこぺこ】 | main | 【用水路跡の緑陰道路に面したレトロ建造物〜緑橋・町屋再生複合施設 燈】 >>
【秀吉ゆかりの黄金水で作った名酒〜平野・梅月堂】
大阪あそ歩2010春の担当コースに平野があります。
こちらは恒例の「能楽師と行くなにわめぐり」です。

今回は能楽師の山中さんに、
重要無形文化財綜合指定保持者の塩谷惠さんが加わり豪華な顔ぶれとなりました。
更に、地元から「平野いろいろ案内人」の塚原剛さんのご協力を得ることができました。

先日塚原さんの案内で下見をしてきました。

平野はいわずと知れた環濠自治都市
中世末〜近世初頭にかけて堺と並ぶ”黄金の日日”を謳歌したのは
教科書に載るとおりです。

その平野で、その名も「黄金水」という名水がありました。

もともと平野は平野川や環濠がありながら
水質には恵まれていなかった土地柄でしたが、
唯一樋ノ尻口の井戸から取れる水は良質で、
住民から”黄金水”と讃えられ重宝されました。

この水は酒造にも用いられ、平野酒は豊臣秀吉が開いた
醍醐の花見桜でも献上されたということです。

現在、黄金水は枯渇しましたが、
平野産の米を使った平野酒は地元の酒屋で販売されています。熱燗

また、平野酒から作った酒饅頭も売られています。
販売しているのは、商店街と南港通り沿いにお店を構える梅月堂です。

梅月堂本店

この平野酒饅頭は、平野酒を山芋に練りこんだ生地で
こしあんを包んで蒸したもので、酒の香りもさることながら、
生地が類ない柔らかさで口の中でとろけるようです。

人気商品なので、朝から大勢買い求め、蒸しあがりの都度
品切れ状態となっています。

平野酒饅頭

梅月堂では他にも「笈掛の松」「十三口」「ひのしりの月」
平野郷ゆかりの名称が名づけられた和菓子が並んでいます。

一風変わったところでは、地元産の野菜を使った
平野こんにゃく」というのもあります。

数量限定販売の棒きんつばも評判です。

また、この梅月堂は平野町ぐるみ博物館
和菓子屋さん博物館であり、毎月第4日曜日に和菓子作り体験教室を行っています。詳しくは同店のホームページをご覧下さい。

梅月堂本店 大阪市平野区平野本町4-13-4
Tel.06-6791-3290 Fax.06-6794-2028
西店 大阪市平野区平野本町2-12-15
Tel.06-6791-1970

| グルメ情報 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yuikikaku.com/trackback/1199150
トラックバック