文化の発信、地域のにぎわいづくり、共生社会の手作りイベント応援します。人と地域を結ぶLLP YUI企画
イベント情報 インフォメーション これまでの活動 YUI企画とは まちネタコラム メンバー紹介 リンク集 お問い合わせ



縁のかけはし〜高級塗り箸をご提供します







出版ネッツ関西 いちもくセミナー開講中

震災ボランティアを志す皆さまへ。[マンガ・愛ちゃんのボランティア神戸日記]
LINKS
ARCHIVES
<< 「釜山まち歩き」に参加しました! | main | 大阪あそ歩レポート/大阪あそ歩X大阪大学CSCD公開セミナー特別まち歩き >>
大阪あそ歩レポート/1万人記念まち歩き

大阪あそ歩2011秋がスタートしました。

事業が始まって3年。
これまでの累計参加者数も1万人に達する見込みとなりました。

そこで1万人突破が見込まれる9月20日に記念まち歩きが実施されました。
題して「”人の都・大阪”をめぐる」。

大阪のまちの発展に足跡を残した先人にスポットを当て
所縁の場所を巡るものです。
中之島周辺に絞って歩きました。

出発に先立って、大阪市役所エントランスホールにて
簡単なセレモニーがありました。

ホールでは同日より一週間、大阪あそ歩マップが展示されました。

茶谷プロデューサーの挨拶の後、平松市長が祝辞を述べられました。
市長はあそ歩のユニフォームを着ています。
大阪あそ歩は市長にとって特にお気に入りの事業だそうです。

ちなみに当日は台風15号接近に伴う悪天のため、
市役所玄関前から建物内部に式典場所が変更になったのですが、
市長はかなりの高確立の雨男だそうです。

 平松市長の挨拶

セレモニー終了後、市長と一緒に参加者全員で記念撮影
まち歩きに出発します。

参加者の総数は50名弱。
グループ分けし、3人のガイドが時間差で出発します。


大阪市役所前

これが私のグループ。
出発直後が一番雨がきつく、その後徐々に弱まり、ゴール地点では止んでいました。

辿ったコースは以下の通り。カッコ内は取り上げた人物です。

大阪市役所(関一)→中之島図書館(15代住友吉左衛門、川田順)→
淀屋屋敷跡(淀屋一族)→三井住友銀行大阪本店(住友一族と関係者)→
帝国座跡(川上音二郎、貞奴)→懐徳堂跡(山片蟠桃他)→適塾(緒方洪庵、手塚良仙他)
→大阪証券取引所(五代友厚)→中之島公会堂(岩本栄之助)

江戸時代の淀屋一族もいますが、概ね幕末から近代にかけての人物ばかりで
近代大阪の興隆を窺い知るコースとなっています。


適塾・緒方洪庵像

ところで”人の都・大阪”とは、大阪市が展開しているまちのイメージアップを図るための
キャッチフレーズです。

”水の都”の次は”人の都”ときましたか。現在の大阪のイメージなら
埋め尽くされた水路より、人の都の方が適当ですね。

私などは”ごった煮文化”と呼んでいますが。
大阪あそ歩の各コースを眺めるだけでもごった煮の要素を感じます。

中之島公会堂の前にて

こちらが平松市長との記念写真です。

記念写真
| イベント情報 | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yuikikaku.com/trackback/1272315
トラックバック