文化の発信、地域のにぎわいづくり、共生社会の手作りイベント応援します。人と地域を結ぶLLP YUI企画
イベント情報 インフォメーション これまでの活動 YUI企画とは まちネタコラム メンバー紹介 リンク集 お問い合わせ



縁のかけはし〜高級塗り箸をご提供します







出版ネッツ関西 いちもくセミナー開講中

震災ボランティアを志す皆さまへ。[マンガ・愛ちゃんのボランティア神戸日記]
LINKS
ARCHIVES
<< 【大阪あそ歩レポート/大阪ディープ渡船&工場夜景見学ツアー】 | main |
【大阪あそ歩レポート/中津川の跡に佇む伝説の里・野里】
野里
どことなく農村の風景を思い起こさせる郷愁漂う地名です。
一体どこにあるまちでしょうか?

大阪市西淀川区に野里地区はあります。
しかも大阪駅から東海道・福知山線で一駅という距離です。

名前とは裏腹に、現代の野里は国道2号線をトラックが行きかい、
商店と民家と町工場が密集する典型的な下町でした。

かつては地名の通りの景色でしたでしょうが、
時代とともにまちも変貌しました。

それでもよくよく観察すると、
”野里”を今に残すタイムカプセルのような景色が残っていました。

その景色を引っ張り出して見せてくれたのが
今回のあそ歩ガイドの井川さんと池永さんです

井川さん

お二人とも野里の住人で、地元でまちづくり活動をする野里ヒクイナ会のメンバーです。

ちなみにヒクイナ(緋水鶏)は水鳥の名前
かつて野里の東を流れていた中津川の水辺に数多く生息していたようです。

井川さんは野里の歩みを、
この旧中津川がもたらした恩恵と被害の両面から丁寧に解説してくれました。

現在の淀川は、明治の大改修によりまっすぐ大阪湾に注ぎ込んでいますが、
改修以前は毛馬の辺りで大川(旧淀川)と中津川に分岐していました。
新淀川は中津川の流路を利用したものです。

中津川の流路は蛇行し、野里の付近は南北に流れていました。

川の痕跡はかつての堤跡として確認することができます。

くろがねもちの樹と堤跡

くろがねもちの樹が残るこの場所も中津川の左岸でした。

一方、中津川の右岸沿いに広がったのは野里本町商店街ですが、
現在はご覧のとおり見事なまでのシャッター街です。

野里本町商店街"" 野里の渡し碑

また、中津川を渡る渡し舟が通った場所には野里の渡しの碑があります。
大坂と尼崎を結ぶ交通の要衝に野里は位置していました。

商店街のアーケードを抜けると野里住吉神社がありました。
住吉大神を勧請しています。
神社の東の石垣にも中津川の堤の痕跡を伺うことができます。

野里住吉神社

さて、野里住吉神社では毎年2月に一夜官女祭という独特の祭礼が伝えられています。
何が独特かといえば、生贄の儀式なのです、これが。

一夜官女祭は人身御供として選ばれた七人の少女たち
親と別れの盃をした後、神饌を納めた七つの桶とともに神社に向かい、
お祓いを受け、神と共食するといった内容です。

古来、中津川の氾濫を始めとした、数多くの風水害に悩まされた野里では、
地の神の怒りを鎮めるためにこのような生贄の風習に実際に行われていたのでしょうか。

また、生贄を求める神のことを不審に思った一人の武芸者が
その正体を暴くと大蛇の怪物で、これを退治したという伝説も残っています。

この話には、この武芸者こそ講談で有名な岩見重太郎で、
かのヒヒ退治は実は大蛇退治だったというオチもついています。

それはともかく、
形式だけとはいえ大阪の都心近くにこのような壮絶な儀式が現在も残っていることに、
私は原始の匂いと共に、太古から脈々と受け継がれてくる強烈な土地の意思を感ぜずにはいられませんでした。

 *

野里のまち歩き、ラストはガイドの池永さんのお宅訪問です。

この池永家住宅は、野里がまだ農村だった頃の農家の有様を今に伝えているということで
国指定の登録有形文化財になっています。

主屋は江戸時代から幾度かの増改築を経て今に至っています。

池永さんのお宅で何よりも特徴的なのが、その庭。

主屋前の庭はかつての農作業場で、ここだけ見ると正しく農村の風景です。
 池永さんとお宅 

枯山水の主庭の周りに桜やツツジ、サザンカなど、四季折々の花が植えられ
ここを訪れる者の目を楽しませてくれます。


   

阪神大震災にもビクともしなかったというお化け燈籠も見ごたえがありました。

前栽では、庭で採れた柿とお茶の接待があり、冷えた身体をしばし和ませてくれました。

JUGEMテーマ:地域/ローカル 
| イベント情報 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yuikikaku.com/trackback/1272323
トラックバック