文化の発信、地域のにぎわいづくり、共生社会の手作りイベント応援します。人と地域を結ぶLLP YUI企画
イベント情報 インフォメーション これまでの活動 YUI企画とは まちネタコラム メンバー紹介 リンク集 お問い合わせ



縁のかけはし〜高級塗り箸をご提供します







出版ネッツ関西 いちもくセミナー開講中

震災ボランティアを志す皆さまへ。[マンガ・愛ちゃんのボランティア神戸日記]
LINKS
ARCHIVES
関西の気鋭農家が結集/神戸市灘区・マザームーンマーケット
NPO法人 農家のこせがれネットワークの関西支部
神戸市灘区のカフェレストランマザームーンカフェ六甲店とのコラボレーションで
マルシェ〜マザームーンマーケットを毎月開催しています。

昨年11月より始めて、この1月で3回目になりますが
今回初めて参加させていただきました。

場所は阪神電車新在家駅より徒歩5分の至近距離にある
ショッピングモール「サザンモール六甲」内。
国道43号縁沿いにあるため車での来店が多いようです。

お店は真ん中にイス・テーブルが設置された2階のテラスにあり、
マルシェはこのテラスの中、店頭スペースを使っての出店です。


続きを読む >>
| イベント情報 | 07:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
【近代美術館の名品がズラリ!/中之島コレクションズ】

 国立国際美術館で開催中の「中之島コレクションズ」を見てきました。

隣接地に建設を予定し準備室を立ち上げている大阪市立近代美術館とのコラボ企画で、
両館の収蔵品から近現代の逸品を集めて展示しています。

美術館同士のコラボレーションも珍しいですが
特に今回は常設の展示室を持たない近代美術館の収蔵コレクションを見ることができる
数少ない機会でした。



国際美術館の入口です。

先日の大阪あそ歩セミナーを始め、
まち歩きなどでは何回となく前を通っているのですが
内部に入るのはほんと久しぶりでした。

展示は前半が近代美術館の、後半が国際美術館のコレクションとなっていて、
近代美術館の展示は1920~30年代のパリ、及び戦後アメリカの美術でした。

更に、1920~30年代のパリの芸術を展示するにあたって
冒頭に大阪出身の画家・佐伯祐三(1898〜1928)の作品群を持ってくるなど、
市立美術館の面目躍如たるものがあります。

有名な「郵便配達夫」を始め、
佐伯の代表作すべてが素のまま展示されていたのには驚きました。

国内の博物館・美術館では何と大胆な行為かと思いましたが、
鑑賞者にとってはこの上もなく嬉しい展示方法です。

油彩の盛り上がりを含め、作品製作のリアル感が肌越しに伝わってくるかのようです。
これはまさしく作品を描く佐伯の手の感触なのです。

それにしても、ヨーロッパの画家たちと比べると佐伯の筆致の迫力あること。

絵のことはわかりませんが、荒削りとさえいえるほどの大胆な線と色調。
それでいてパリの香り(こちらも行ったことはありませんが)が十分伝わってくるのです。

これはやはり佐伯がパリやフランスに生まれなかったからこそ描くことができた
とはいえませんか。

他の芸術家たちの作品も見事なもので
ダリやピカソの毒気にあてられるのは自明のこととしても
アメデオ・モディリアーニ の「髪をほどいた横たわる裸婦」
マリー・ローランサン「プリンセス達」のような惚れ惚れする名品もあります。

アンディ・ウォーホルの「グレムリン」も現代アメリカを代表する作品でしょう。

ただ、現代芸術になるとわからないものも多く
面白いとは感じても、作品の前に立って驚いたりため息をつくといったことはありませんでした。

最後に、エントランス前に佐伯祐三作品の顔出しパネルがありましたので
夫婦で記念撮影しました。



「郵便配達夫」と「ロシアの少女」です。

館内の撮影はできませんので、これを見て雰囲気をつかんでください。
(無理か…)

あ、このパネルが設置されている場所は入館料を支払わずに行けますので
佐伯祐三のモデルになった気持ちで足を運んで見られては如何でしょうか?



 中之島コレクションズ 12/11(日)まで開催中
    会場:国立国際美術館
        大阪市北区中之島4-2-55 TEL:06-6447-4680(代)
        京阪中之島駅より徒歩5分、地下鉄肥後橋駅より徒歩10分

| イベント情報 | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
大阪あそ歩レポート/大阪あそ歩X大阪大学CSCD公開セミナー特別まち歩き
大阪あそ歩も3年目の秋を迎えて色々新しい試みを行っています。

今回もその一つで、大阪大学とのコラボレーションで
2日間にわたりコミュニティ・ツーリズムについて熱く語ろうと
公開セミナーを行いました。

両日ともメイン進行を大阪あそ歩の茶谷プロデューサーと阪大の森栗教授
見事な(?)コンビネーションで、まち歩きと大阪の魅力を余すところなく明らかにされました。

普段と違って座学中心でしたが、やはりまち歩きは欠かせないというわけで、
2日目の午前中は会場である阪大中之島サテライトの周辺を二人のコンビで巡りました

題して「見よ、この大阪の融合文化を」。

大阪市立科学館

建て替え工事中のダイビル横のサテライトを出発!
参加人数は約50人。通常の定員を大幅に越えております。

堂島川を渡ります。
朝日放送などが入るほたるまちの一角に
福沢諭吉生誕の地の碑があります。

中之島を行く


福沢諭吉が大阪生まれだということは
大阪の人を含め、ほとんど知られていないのですよね。

むしろ大阪との関わりは、青年期に適塾で学んだことのほうがより深く
彼の人間形成に影響を与えているといえましょう。

今回のまち歩きは諭吉の足跡をたどるというテーマもあり、
ゴール地点が適塾(その後身が大阪大学)だというのもそのことを物語っています。

そんなわけで、茶谷・森栗両氏による諭吉論が展開されました。

早速碑の前で茶谷プロデューサーが諭吉論を語ります。

福沢諭吉生誕の地碑

「天ハ人ノ上ニ人ヲ作ラズ 人ノ下ニ人ヲ作ラズ」

あまりにも有名なこのフレーズ。
茶谷氏は諭吉が中津藩蔵屋敷から適塾に通っていた時代にその思想が形成されたと類推します。

屋敷の裏は堂島新地。それこそ裃脱いで大人が遊ぶ場所です。
青年諭吉には刺激的な環境でしたでしょう。

諭吉には適塾同門で新地通いの手塚治虫の曽祖父をカツいだという実績(?)もあり、
1万円札の人格者然とした後年の風貌からは想像できないお茶目っぷりです。

新たな諭吉像の提示です。

ルートは南下し、中之島を横切って西船場へ。
船場に比べていささか場末の感が漂うこのエリアの風土論を両氏は指摘、
頼山陽など、この混沌の中から異才が生まれたと述べました。

ここでは大阪教会を訪問しました。

船場に入り、川上音二郎の帝国座跡、そして大阪倶楽部を訪れます。
大阪倶楽部では特別に内部見学が可能で、
通常会員しか入れない会議室なども入室することができました。

大阪倶楽部内部

コースはいよいよ阪大の源流たる二つの私塾に向かいます。

まずは懐徳堂。跡地に石碑が建っています。

懐徳堂跡碑

武家学問が主流の時代に、町人が資材を投じて運営したという懐徳堂。
これぞなにわ商人の面目でしょう。
かつての大阪商人は学問・文化に対しても造詣が深かった証です。

そして適塾
緒方洪庵が設立した学問所で、
幕末〜明治期に活躍する多くの人物を輩出した場所として知られています。

内部に入り、塾生たちが起居し学んだという大広間で
森栗教授が本日のまとめを行いました。

適塾内にて

画像のような雰囲気で、まさしく「陽だまりの樹
(適塾に学んだ曾祖父・手塚良仙を描いた手塚治虫の作品)ですね。
塾生もこのような雰囲気で激論を戦わせたのでしょう。

この後、午後からは再び中之島サテライトでセミナーの続きを行い
2日間の日程を終了しました。

ちなみに、今回のセミナーは「第0回大阪あそ歩適塾」と銘打ってました。
| イベント情報 | 13:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
大阪あそ歩レポート/1万人記念まち歩き

大阪あそ歩2011秋がスタートしました。

事業が始まって3年。
これまでの累計参加者数も1万人に達する見込みとなりました。

そこで1万人突破が見込まれる9月20日に記念まち歩きが実施されました。
題して「”人の都・大阪”をめぐる」。

大阪のまちの発展に足跡を残した先人にスポットを当て
所縁の場所を巡るものです。
中之島周辺に絞って歩きました。

出発に先立って、大阪市役所エントランスホールにて
簡単なセレモニーがありました。

ホールでは同日より一週間、大阪あそ歩マップが展示されました。

茶谷プロデューサーの挨拶の後、平松市長が祝辞を述べられました。
市長はあそ歩のユニフォームを着ています。
大阪あそ歩は市長にとって特にお気に入りの事業だそうです。

ちなみに当日は台風15号接近に伴う悪天のため、
市役所玄関前から建物内部に式典場所が変更になったのですが、
市長はかなりの高確立の雨男だそうです。

 平松市長の挨拶

セレモニー終了後、市長と一緒に参加者全員で記念撮影
まち歩きに出発します。

参加者の総数は50名弱。
グループ分けし、3人のガイドが時間差で出発します。


大阪市役所前

これが私のグループ。
出発直後が一番雨がきつく、その後徐々に弱まり、ゴール地点では止んでいました。

辿ったコースは以下の通り。カッコ内は取り上げた人物です。

大阪市役所(関一)→中之島図書館(15代住友吉左衛門、川田順)→
淀屋屋敷跡(淀屋一族)→三井住友銀行大阪本店(住友一族と関係者)→
帝国座跡(川上音二郎、貞奴)→懐徳堂跡(山片蟠桃他)→適塾(緒方洪庵、手塚良仙他)
→大阪証券取引所(五代友厚)→中之島公会堂(岩本栄之助)

江戸時代の淀屋一族もいますが、概ね幕末から近代にかけての人物ばかりで
近代大阪の興隆を窺い知るコースとなっています。


適塾・緒方洪庵像

ところで”人の都・大阪”とは、大阪市が展開しているまちのイメージアップを図るための
キャッチフレーズです。

”水の都”の次は”人の都”ときましたか。現在の大阪のイメージなら
埋め尽くされた水路より、人の都の方が適当ですね。

私などは”ごった煮文化”と呼んでいますが。
大阪あそ歩の各コースを眺めるだけでもごった煮の要素を感じます。

中之島公会堂の前にて

こちらが平松市長との記念写真です。

記念写真
| イベント情報 | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
「釜山まち歩き」に参加しました!
 

は〜い!はるちゃんです〜

 

「釜山まち歩き」に参加しました!

 

「大阪あそ歩」の海外との交流推進のまち歩き企画で、韓国の釜山へ行ってきました。

2泊3日の短い旅行でしたが、日本に一番近い外国、釜山の魅力に少し触れてきました。

メンバーは、参加者10名、スタッフ5名。

 

1日目

5月30日(月) 11:50 関空発 OZ143便 

 

飛行機に乗り込むまでは、たった1時間の所要時間でもお決まりどおりの手続きをして、やっと座席に落ち着いてサンドイッチやジュースの軽食を頂くと、もう到着のアナウンス。

はやっ! 正にあっという間に金海(キメ)空港に到着。

 

お宿の釜山ロッテホテルへバスで向かう。

バスの中から釜山の町並みを見学しながら、釜山の歴史や旅行中のスケジュールの説明を受ける。窓の外は当たり前なのにハングル文字の看板だらけに圧倒される。

 

ホテルで一息ついたらいよいよバスに乗ってまち歩き開始だ。

 

まずは、梵魚寺(ポモサ)から子城台(チャソンデ)公園、永嘉台(ヨンガデ)跡へ。

釜山駅より北方向にある金井山東側山麓にある梵魚寺。新羅の第30代文武王18年(678年)に義湘大師が創建したといわれている。

 

梵魚寺(ポモサ)



              

   見ざる 聞かざる 言わざる・・・ですね! 

 

夕刻、チャガルチ市場の見学。

ここは東南アジア最大の魚市場。店の数、魚の数、それと魚臭さに頭がクラクラするくらいだ。

水揚げされたばかりの魚介類は水槽で泳がされているが、店先に並ぶ魚の行列は圧巻。どの店も特に目立つのは太刀魚だ。かごの上にズラーッと並べられていて、キラキラと目にまぶしい。

また海藻類や塩漬け食品等も沢山並んでいる。        

 どこまでも続くチャガルチ市場


 
 太刀魚やヱイも並ぶ




 

沢山のお店と呼び込みの中から選びぬいた1件のお店に入る。

ここで本日の夕食、メインはお刺身だ。

テーブルの上には白菜や大根等の様々なキムチ、にんにくの酢漬けや
佃煮のような物がいっぱい並ぶ。これは全部食べ放題だ。日本と違ってとっても気前が良い!すばらしい!

白身のお刺身は葉っぱの上に載せて、辛いみそをつけていただく。葉っぱの香りとみその味で魚の旨みはあまり判らない。


 クネクネと新鮮な蛸足   


次に、クネクネとお皿の上を動き回る蛸の足のぶつ切り。これも赤い甘みのあるみそをつけていただく。どれもこれも、カンコク!の味だ。


 ホヤも不思議な味です        最後は鍋
 

人気のお酒はマッコリ、C1(焼酎)。次々と運ばれてくるお料理とお酒に酔いしれた第1日目は

何人かの酔っ払いを作り上げたのでした。

 

つづく・・・

 

| Myネタ | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/59PAGES | >>