文化の発信、地域のにぎわいづくり、共生社会の手作りイベント応援します。人と地域を結ぶLLP YUI企画
イベント情報 インフォメーション これまでの活動 YUI企画とは まちネタコラム メンバー紹介 リンク集 お問い合わせ



縁のかけはし〜高級塗り箸をご提供します







出版ネッツ関西 いちもくセミナー開講中

震災ボランティアを志す皆さまへ。[マンガ・愛ちゃんのボランティア神戸日記]
LINKS
ARCHIVES
【大阪あそ歩レポート/中津川の跡に佇む伝説の里・野里】
野里
どことなく農村の風景を思い起こさせる郷愁漂う地名です。
一体どこにあるまちでしょうか?

大阪市西淀川区に野里地区はあります。
しかも大阪駅から東海道・福知山線で一駅という距離です。

名前とは裏腹に、現代の野里は国道2号線をトラックが行きかい、
商店と民家と町工場が密集する典型的な下町でした。

かつては地名の通りの景色でしたでしょうが、
時代とともにまちも変貌しました。

それでもよくよく観察すると、
”野里”を今に残すタイムカプセルのような景色が残っていました。

その景色を引っ張り出して見せてくれたのが
今回のあそ歩ガイドの井川さんと池永さんです

井川さん

お二人とも野里の住人で、地元でまちづくり活動をする野里ヒクイナ会のメンバーです。

ちなみにヒクイナ(緋水鶏)は水鳥の名前
かつて野里の東を流れていた中津川の水辺に数多く生息していたようです。

井川さんは野里の歩みを、
この旧中津川がもたらした恩恵と被害の両面から丁寧に解説してくれました。

現在の淀川は、明治の大改修によりまっすぐ大阪湾に注ぎ込んでいますが、
改修以前は毛馬の辺りで大川(旧淀川)と中津川に分岐していました。
新淀川は中津川の流路を利用したものです。

中津川の流路は蛇行し、野里の付近は南北に流れていました。

川の痕跡はかつての堤跡として確認することができます。

くろがねもちの樹と堤跡

くろがねもちの樹が残るこの場所も中津川の左岸でした。

続きを読む >>
| イベント情報 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
【大阪あそ歩レポート/大阪ディープ渡船&工場夜景見学ツアー】
工場萌え〜ってひそかなブームですね。
川崎市内の工場地帯などは写真集まで出ています。

特に夜景が人気で、闇の中にそそり立つ鉄材と眩く光る照明が
一種幻想的な風景を醸し出すところに魅力を感じる人は多いのです。

映画「ブレードランナー」や「ブラック・レイン」に登場する廃墟のイメージを彷彿させるところも人気の一つでしょう。
まあ、普段現場で働く人やこういったものに関心のない人には何がいいのかわからないといった声もよく聞きますが。

一つ言えることは、情報通信を主とする産業の3次化、4次化は進む中で、
重厚長大の2次産業にある種のレトロ感が備わりつつあるということでしょう。

今回の大阪あそ歩の夏企画は、
大阪の萌えスポットである大正区船町の夜景を楽しみました。

いうまでもなく、ここに林立する中山製鋼所の敷地内で
松田優作の遺作「ブラック・レイン」は撮影されたのです。

 
続きを読む >>
| イベント情報 | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
【大阪あそ歩レポート/川を渡る神輿〜住吉大社神輿渡御】

大阪の夏祭りの最後を飾る住吉大社の夏祭。そのクライマックスが8月1日の神輿渡御です。
境内を出た神輿が、神社の頓宮がある堺・宿院までの6km弱を渡ります。
神輿行列は華美で壮大なもので、鳳輦・船神輿・住吉踊り・夏越女・武者行列・獅子舞・太鼓・猿田彦・火縄銃などが賑々しく隊列を組みます。

安土桃山時代、堺にいた宣教師の手記によると、先頭が堺の市街に到着したとき、最後尾はまだ住吉大社の境内を出ていなかったということです。最盛期の勢いがしのばれます。
道中、宣教師の時代にはなかった大和川が江戸時代以降に出現します。

お渡りの最大の見せ場がこの大和川を渡る場面です。
現代では神輿以外の行列は近くの橋を渡りますが、神輿だけは昔ながらの渡渉を行います。
戦後、長らく自動車による移動だったのが、地元の尽力によって近年復活したものです。
神輿の担ぎ手は川の中州に設けられたお旅所で大阪側から堺側へと引き継がれ、宿院へと向かうのです。



続きを読む >>
| イベント情報 | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
住吉界隈情報  〜焼きたてパンのアッフェル〜
 

は〜い!はるちゃんです〜

 

またまた美味しい物を見つけてのお知らせです〜

 

我が家から歩いて10分、走って7分くらいの場所にあります、焼きたてパンの「アッフェル」です。

真っ赤のつば付き帽子を着せたようなかわいい店構えで、ボーと歩いていたら思わず吸い込まれる様に入っていきそうになります。

お店の中はゆったりとしていて、カラフルなおしゃれなパンが沢山おいてあります。

お店の奥を覗いてみると、初老のおじさんが焼いておられる様子が見えます。

 

いつも焼きたて札がついたパンがあちこちに並びますが、

私のおすすめは「クリームパン」です。

 

見た目は普通の懐かしい形ですが、中にはカスタードクリームがたっぷり。パンもふわふわしっとりなので、持ってみるとずっしり重い。

特にカスタードクリームが何ともいえない風味で(ブランデーが入っているような)美味しいのです!

 

アッフェル会員に入ってシールを集めたら金券や記念品ももらえるのです。

店先の看板にはパンの人気ランキングやお得情報なども載せていて

手作りの看板が楽しいです。

 
        クリームが飛び出さないように注意してね!

大阪市住吉区帝塚山中3−8−20

アッフェル帝塚山(帝塚山学院東隣り角)

TEL 06−6674−3392

| グルメ情報 | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
【チン電沿いの隠れ家的スポット/聖天坂・ハニーサックル】
YUI企画サポーターで共同開催している
「春一番!大阪漫歩」の聖天坂・バーボン&JAZZ体験ツアーに参加しました。

企画&ガイドは合同会社中村屋の中村ご夫妻です。

西成の魅力にこだわり続ける中村さんは、大阪漫歩の他のコースでも
紙芝居体験大衆演劇観劇など、独特のアプローチで西成の多彩な魅力を伝えています。

今回は”西成=下町”の意表をついてバーボン&ジャズ体験でした。

恵美須町発の阪堺電車に乗って約8分。
西成の住宅街の中にある聖天坂駅の正面にバー、ハニーサックルはありました。

中に入るとご覧の通り。


壮観ですね。

もちろんあらゆる洋酒を飲ませる店ですが、
マスターのこだわりはやはりバーボン。

ツアーではマスターによるバーボン講座と
各銘柄の飲み比べがありました。

私も初めて見る銘柄もあってあれこれ試し、
昼間っから赤い顔になってしまいました。

中でもこのオールドグランダッドはアルコール度数が67度もあって
なかなか飲みごたえがありました。

 

マスターの話によるとこの銘柄ばかりを指定する常連もいるとか。

他、色々バーボンにまつわる興味深いお話をお聞きしたのですが
酔っ払っていて覚えておりません^^;

結果的に参加者全員、バーボンに酔いしれて
ジャズ講座はお預けとなってしまいましたが、
私は自宅からさほど遠くない場所にこのようなお店を発見し収穫でした。

参加者で飲食中、ホスト役に徹した中村ご夫妻お疲れ様でした。


春一番!大阪漫歩 〜5月26日 開催中

ハニーサックル  阪市西成区天神ノ森1-11-8  TEL 06-6651-5910




JUGEMテーマ:地域/ローカル
| おすすめスポット | 11:27 | comments(1) | trackbacks(0) |
| 1/59PAGES | >>